*

ドリームナイト・アット・ザ・ズー2010を開催ました!

 

   2007年に初開催してから今年で4回目のドリームナイト・アット・ザ・ズーを10月2日に開催しました。

 


   「ドリームナイト・ アット・ ザ・ズー」(以下、ドリームナイト)とは慢性病や難病と向き合っている子供や、障がいのある子どもたちとその家族を閉園後の動物園へ招待し、その家族のためだけの特別な夜を過ごしてもらうことを目的とした活動です。

   1996 年にオランダ・ロッテルダムの動物園から始まりました。2010年10月現在、世界36カ国217園もの動物園(パートナー)がこの活動に参加しており、毎年6月の第1金曜日に世界同時開催することを目指しています(高知の気候を考慮し10月に開催しています。)
 

    今年は香川県からの参加者もふくめ100組402名のご家族が参加しました。ドリームナイトは無償の活動で多くの方の寄与・寄付によって支えられています。回を重ねることに協力の輪が広がり今年は、高知県立療育福祉センター、のいち動物公園ボランティアーズ、高知大学医学部、高知女子大学、平成福祉専門学校、高知医師会看護専門学校のボランティアスタッフの他、地元の企業13社にもご協力して頂きました。


  夜の動物公園とあわせて、バードショー、フェイスペインティング、スタンプラリー、バルーンアート、獣医さんコーナーの他、桂浜水族館のタッチングプール、(株)サニーマートの出張イベントなど新たなイベントも増え過去最大規模で開催されました。多方面の方々のご協力により楽しい雰囲気に包まれた夕べとなりました。