title_001.gif
バードリハビリケージが完成しました!

  自然散策路の入り口、カワウソ展示場の向かいに新しくできた建物は何でしょう?
  のいち動物公園では、ケガや病気で弱ったり親とはぐれるなどした野生動物を保護して治療などを行い、自分で生活できるようになってから野生に戻すという活動も行っています。
  鳥類が飛ぶためには強大な筋肉が必要ですが、ケガなどで長期間飛ばないでいると筋肉が衰えて本当に飛べなくなってしまいます。ここは、自由に飛ぶリハビリをして飛翔力をつけてから野生に戻す目的で作られました。

  現在は、オオタカという猛禽を保護しています。ワナにかかり左脚の指をケガしているため治療中ですが、元気にケージの中を飛び回っています。野生に復帰(放鳥)する前に、バードリハビリケージのオオタカをぜひ見に来て下さい。