*

ワクワク昆虫博士〈クマバチの巻〉

 

  園路を歩いていると、頭上に「ブーン」という大きな音を立てながら、黒くて大きな虫が寄って来ることがあります。これは“クマバチ”というハチの仲間で、初夏に見られます。当園では今シーズン、早くもデビューしました。


 恐そうに見えますが、意外にも危険はありません。なぜなら、彼らは針を持たない“オス”だからです。縄張りでホバリング(空中静止飛行)しながらメスがやって来るのを待っているのですが、動くものなら他の昆虫でも鳥でも人でも何でも、仲間のメスかどうか確認しようと寄ってくるのです。

   安全となれば、逆にじっくり観察するチャンスです。 結構カワイイ顔をしていると思うのですが、いかがでしょうか。