*

ユーラシアカワウソ「ミン」が亡くなりました。

 

     病気のため治療してきたユーラシアカワウソの「ミン」は、治療の甲斐無く11月7日の夕方に永眠しました。推定13歳でした。
  2001年に当園にやってきたミンは、老齢のため目が見えなくなりここ数年は一日の大半を寝て過ごしていましたが、ベッドを作るために落ち葉をくわえてせっせと運んだり、ゴロ〜ンと仰向けに寝っ転がって熟睡する姿は何とも言えず、お食事タイムで「はむはむ」と美味しそうにワカサギを食べる姿もお客さんに好評でした。
  こうして11年間、当園の人気者として活躍してくれたミンには感謝の気持ちでいっぱいです。心から冥福を祈りたいと思います。
  ミンを応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。