*
オセロットの「デリカド」が亡くなりました。

       

         長い間、皆さんに愛されてきたオセロットの「デリカド」が2014年5月28日に亡くなりました。

             

    20歳でした。

 

    彼女は1993年にイギリスの動物園で生まれ、1996年の2月にのいち動物公園にやってきました。

 

    デリケートな性格でなかなか新しい飼育環境になじむことができず担当者を困らせることもありました。

 

     しかし、美しい容姿でジャングルミュージアムのシンボル的存在でした。

 

         最近はその年齢から来る衰えで展示場に姿を見せられないこともありましたが、彼女はがんばって

 

         亡くなる前々日まで展示場に出ていました。

 

         飼育職員一同、「デリカド」の冥福をお祈りします。

 

    のいち動物公園で飼育していたオセロットは「デリカド」が最後の1頭だったため展示をお休みします。