*
フタユビナマケモノ「コマちゃん」の自立

 

   昨年、7月に生まれた「コマちゃん」が自立の時を迎えました。

   体のサイズはお母さんの3分の1ほど、両親と同じ餌を食べるようになってから

   もずっとお母さんにしがみついて一緒に過ごしていた「コマちゃん」ですが5月17日

   に一人でぽつんと休息していました。その後もお母さんの元に戻ることはなく、離れ

   た距離を保っていました。
   先日、お母さんの「キュウ」と「コマちゃん」の距離が近づくことがありました。すると

   「キュウ」が「コマちゃん」を捕まえて噛み付こうとしました。「コマちゃん」はおびえて

   声を上げましたが「キュウ」その手を緩めませんでした。お母さんは「コマちゃん」に

   自立を促している、そう感じたので「コマちゃん」を両親のいる展示場から別の飼育

   スペースに移動させました。
   「コマちゃん」の行く末は、まだ決まっていませんが、また、その時が来たらお伝えし

   たいと思います。

 

 

自立したコマちゃん