*
保護動物のイタチの赤ちゃん

 

6/14と6/17にそれぞれ別の場所でイタチの赤ちゃんが保護され、現在2頭います。

どちらもまだ眼が開いておらず体重も50g程しかありません。約1時間おきにミルクを与えていますが、どうしても本当の親のようにはお世話できず成長が遅いです。

幼い動物の世話をしていていつも、本当の親はすごいなぁと思います。

もしみなさんが野生動物の子どもを発見しても、まずは触らずにそっとしておくことをお勧めします。親が食事に出かけていたり、子どもを1頭ずつ運んで引っ越ししている最中かもしれません。人間が近くにいると親が近づけず、結局そのまま見捨ててしまうこともありますので一旦その場を離れて、遠くから見守りましょう。1日以上経っても親が帰ってくることがないようなら動物園にご連絡下さい。(明らかに弱っていたり怪我している場合は早めにご連絡下さい。)

この子達が頑張って無事に育ち、野生に戻れる日が来るとうれしいです。

 

 

*可愛いですが、野生動物や野鳥を許可無く家庭で飼うことは法律で禁止されていますのでご注意下さい。

 

 

             

メス    オス