*

入院室のアンナさん

 

のいち動物公園には動物病院があり、園内の動物の治療や手術を行い、必要な場合は入院することもあります。

今回は、4年前より入院しているワオキツネザルのアンナさんをご紹介します。

アンナさんは1993年5月17日生まれの24才、人間なら70〜80才くらいのおばあちゃんです。

4年前のある朝ぐったりして病院に運ばれてきて、血液検査などで糖尿病と甲状腺機能低下症を患っていることがわかり、急いで治療を開始しました。一命を取り留め、現在も治療は継続中ですがまあまあ元気に過ごしています。時々入院室にやってくるプレーリードッグやモルモットと並んでのんびり日光浴するのが日課です。

動物も人間と同じで様々な病気にもなるし、年を取るとあちこちガタがきますが、例え入院中であってもより良い生活が出来るようにお手伝い出来ればと思っています。

裏側探検などで、アンナさんに出会えることもありますので是非お越し下さい。

 

 

    

ぐったりしている4年前のアンナさん            治療中のアンナさん

 

   

        現在元気になったアンナさん      プレーリードッグと並んで日光浴中