*
アブラコウモリの赤ちゃん、大きくなってます!

 

      

 7月8日にアブラコウモリの赤ちゃん2頭が保護されました。高知市の民家の間の塀の上にいたそうです。アブラコウモリは夜行性ですので、夜の間にお母さんに置き去りにされたのかもしれません。大きさに差があるので、デカちゃん・チビちゃんと呼んでいて、デカちゃんはメス、チビちゃんはオスのようです。

 のいち動物公園では猫用粉ミルクを1日に最低7回飲ませて育てていて、夜遅くや朝早くもやっています。写真の通り、小さい注射器の先に点滴で使用する細いチューブを付けて、少量ずつ注意しながら飲ませています。2頭はミルクをよく飲んで、日に日に大きくなっています。

 アブラコウモリは非常に小さい動物で、大人の体重が6g前後しかありません。保護された時、デカちゃんは2.4g、チビちゃんは1.5gでした。しかし、7/20現在、デカちゃんは3.6g、チビちゃんは3.0gになっています。なんと、チビちゃんは体重が2倍になりました!2頭共ずいぶんコウモリらしい見た目になって、よく動き回ります。

 もう少し大きくなったら、離乳食を始める予定です。アブラコウモリの主食は虫ですので、ミルワームという餌用の昆虫の幼虫を与えてみようと思います。外側の殻が固いので、最初は中身だけ出して舐めさせます。今日試してみましたが、早すぎたのかまだ食べてくれませんでした。離乳食を食べるようになったら、またお知らせします!

 

保護の翌日、まだ小さいのでほとんど動きません

         

    

 

授乳の様子、少しずつ口に入れます

            

 

 

7月20日、大きくなってコウモリらしくなりました