*
ミナミコアリクイの「リン」が亡くなりました。

 

 1月21日にミナミコアリクイの「リン」が亡くなりました。今のところ肝障害が疑われています。少し食欲は低下していましたが、前日までいつも通り展示場に出て過ごしていました。
  「リン」は2016年に来園し、オスの「コア」との間に2017年に「クイ」、2019年に「ペロ」を出産し立派に育ててくれ、コアリクイの不思議な魅力をたくさん教えてくれました。「リン」の子供たちが日本の動物園で活躍してくれることと思います。
  これまで「リン」をかわいがってくださった皆さま、ありがとうございました。