高知県立のいち動物公園 高知県立のいち動物公園
NZV - のいち動物公園ボランティアーズ -
nzv01.gif

NZV - のいち動物公園ボランティアーズ - とは?
Noichi Zoologicalpark Volunteers(のいち動物公園ボランティアーズ)の愛称です。
「みんなちがってみんないい!」を合い言葉に楽しく仲良く活動しています。

NZVの活動
NZVは動物園とお客さまの橋渡し役です。動物園には4つの社会機能(レクリエーション、教育、研究、自然保護)があるといわれています。NZVは動物園と協力して、レクリエーションや教育分野をより楽しく充実したものにしています。

NZVの活動はとても自由で、個性豊かに特技を生かして活動しています。その中のいくつかをご紹介しましょう。


(1)動物公園の案内や展示動物の解説
動物を見ていると「どうして?」と不思議に思うことが次々と出てきたりしませんか? そんなときに、すぐに教えてもらえたら、うれしいですよね。 そこでNZVは飼育係に聞いたり、本を読んだり、動物を観察したりして知ったことを皆さまに紹介しています。わかりやすく楽しく伝えるための小道具も工夫しています。
nzv-p01.jpg

nzv-p03.jpg スポットガイド

特定の動物展示場の前で観察しながらお話をします。

(第4日曜日13:30~。都合により中止することがありますので、どうぶつ科学館にお問い合せください。)


nzv-p04.jpg ガイドツアー
いっしょに園内を巡りながら、動物のことを解説します。ご都合に合わせて30〜60分程度行います。(要予約。事前にご相談ください。)


(2)動物公園内で行うイベントへの協力
ゴールデンウィークやドリームナイト・アット・ザ・ズーでは、フェイスペインティングなどでお客さまの気分を盛り上げます。
linkpoint.jpg年間イベントでチェック

(3)ふれあいコーナー・「リスの小道」への協力
nzv-p06.jpg モルモットのふれあいコーナーで「ふれあい方」を教えたり、混み合っているときは人員整理をしたりします。 リスの小道では、ニホンリスを解説したり、扉の開閉を管理したりしています。
linkpoint.jpgお楽しみタイムlinkpoint.jpg毎月のイベントでチェック

(4)ボランティアが自主的に行うイベントの企画運営
nzv-p07.jpg なんと立案から準備・実施まですべてNZVが行っているイベントがあるのです。

nzv-p08.jpg ○どうぶつクイズラリー
今までのテーマ
 「わたしはだーれ?」(個体識別)
 「すきなたべものなーに?」(食性)
 「ぼくとわたしのウンチのひみつ」(食性と糞の関係)
 「さる年 干支ツアー」(霊長目について)
 「とり年 干支ツアー」(鳥類について)
 「あしあとだ〜れ?」(手足の形と暮らしぶり)
 「どうぶつたちのすごいトコ」
 (動物たちが獲得した能力について)

nzv-p09.jpg ○どうぶつ紙芝居
動物の誕生から親子のくらしまで、飼育係の生の声を聞きながら手作りしました。
読み聞かせは毎月第4日曜日に園内にて実施しています。(都合により中止することがありますので、どうぶつ科学館にお問い合せください。)

nzv-p10.jpg ○どうぶつペンダントをつくろう!
NZVメンバーが山から調達してきた木をプレートにし、好きな動物の絵を描いてもらい、世界に一つだけのペンダントにします。

nzv-p11.jpg ○どうぶつおりがみ教室



NZVのユニフォーム・ロゴマーク

nzv-p13.jpg ロゴマークもNZVの会員がデザインしました。
チンパンジーのN。フラミンゴのZ。カンガルーのV。
みんな、のいち動物公園の人気者です。
nzv-p14.jpg


NZVのメンバーになるには?

毎年、2月頃に募集を行います。お気軽にお問い合わせ下さい。
総務企画課 ボランティア係  0887(56)3509


main_03.jpg