* *
はじめに
香南市立野市小学校の2年4組のみなさんが、野市町の「自慢さがし」をする中で、動物公園をその一つに選んで下さいました。そして動物公園にはどんな動物たちがいるのか来園して調べる内に、動物たちについてのおもしろいことや分からないことがたくさん出てきました。
質問
平成20年10月、動物たちのことについてたくさんの質問が寄せられ、動物それぞれの担当飼育係がお答えを書きました。
グループ
もっと知りたい動物や知りたいこと別にグループを作りました。
(1)どうぶつたちのごはん
(2)レッサーパンダとわたしたち
(3)スーパーヤマアラシ
(4)みんな見に来てワオキツネザル
(5)シロテテナガザルと友だち
(6)水すい水鳥
(7)アシカ大すき
(8)えさとり上手 およぎ上手 (カワウソ)
(9)サバンナのせいたかのっぽ (キリン)
(10)めざせ!ペンギンはかせ
(11)ぼくたちチンパンジーとなかよし
観察と質問
10〜11月に数回来園して動物たちを観察し、さらに飼育係や獣医さんに質問をしました。
*
チンパンジーについて調べているところ。を、チンパンジーのチェルシーに逆観察されている・・・?
*
ワオキツネザル班は一人でしたが、がんばって飼育担当者に質問していました。
*
カワウソ班です。やっぱり「お食事タイム」は絶好の観察チャンスですね。
*
調理室で動物たちの食べ物について調べました。餌用の冷凍マウスにビックリ。
発表会
12月12日、2年4組のみなさんがこれまで学んだことやおもしろ情報などを動物公園の動物科学館で発表してくれました。各班、いろいろなアイディア・工夫が散りばめてあって、とても新鮮で楽しい発表会でした。
*
一人一人から発表会への招待状をいただきました。
*
保護者のほか、5年生、動物公園スタッフ、ボランティアメンバーらが発表を楽しみに集まりました。
*
大勢の観客の前でも臆することなく、息を合わせて元気に発表できました。
*
絵を使ってキリンの個体を紹介したり
*
テナガザルの移動の仕方(腕渡り)を実演したり
*
ペンギン班は、質問に答えてくれた獣医さんのものまねを交えた劇風発表だ!
*
2年4組のみなさん、そして担任の小松先生、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。これからの展開がまた楽しみです。
ガイドをめざして
これまで動物たちについていろいろ分かったことを動物公園のお客さんにも教えちゃおう! ということで、新年からガイドにチャレンジすることになりました。まずは1月16日、自分たちで考えたガイドの案を動物公園スタッフとボランティアーズメンバーに見てもらいました。
photo_112.jpg
ガイドの方法は主にクイズ形式でした。発表会の時のアイテムもいかされ、なかなかくふうができていました。とても楽しいガイドになりそう。

photo_113.jpg
「ここはこうしたら分かりやすいんじゃないかなぁ」

全体的にアドバイスしたこととしては、

(1)絵や写真をうまく利用する。

(2)クイズの答えをいった後、さらに

    その説明を少し加える。

  などでした。

photo_114.jpg
ほかの人のガイドとそれに対する動物公園からのアドバイスも参考になるね。
アドバイスもいかして練習をしたことでしょう。1月20日、いよいよ腕だめしです。失敗してもいいから大きな声でのびのびと。
photo_115.jpg
いよいよ出陣! ボランティアーズからはげましの言葉がありました。
photo_116.jpg
よかった〜ガイド第1号はやさしいお姉さん2人組。笑い声をたてながら楽しそうにアシカのクイズに答えてくれました。
photo_117.jpg
ヤマアラシ班のガイド。初対面の大人に話しかけられただけでも立派です。
photo_118.jpg
チンパンジー班のガイド。男の子4人ですが、まだ少し恐る恐る・・・。
photo_119.jpg
キリンの所へはなかなかお客さんが行き着かない。そこでボランティアーズ相手に練習しました。キリンも見てる。
2月6日、ガイド2回目のガイドチャレンジ。お客さんが少ないこのシーズン、今日は保護者の方々がお客さん役をやって下さいました。
photo_120.jpg
お母さん相手ならガイドをする時の表情にもゆとりが。お家の方に成果がひろうできて良かったですね。
photo_121.jpg
一般のお客さんも来ました。やっぱり小学生は上達が早い。横で見ていても安心でした。
でもガイドはけっこう奥が深い。楽しくて分かりやすい説明方法はいくらでもあります。アドバイスも参考にまた工夫をして、さらにお客さんの笑顔を引き出せればいいですね。
前のページに戻る △ページトップ