header_info.jpg 高知県立のいち動物公園
飼育動物紹介
チンパンジー
yum_000.jpg
ワシントン条約による分類 -付属書Ⅰ-
英名 Common Chimpanzee
学名 Pan troglodytes
分類 霊長目 ヒト科
分布 アフリカ
体重 40〜70kg
体長 70〜90cm
みどころ

広々とした緑豊かな展示場では、個性あふれるチンパンジーたちが暮らしています。「ヒトに最も近い動物」と言われる彼らが、いきいきと行動する姿を見ていただけるよう、色々な工夫があります。

1)間伐材を利用したタワーがあります。高さは約7メートルで、見晴らし

   抜群。 チンパンジーは高い所が大好きです。

    dsc00821.jpg
2)人工アリ塚では、棒を道具として使う野生での行動が見られます。
3)「ヤムヤム・キャッチャー」では、さらに高度な道具の使い方が見られま

    す。これは大きなアクリル製の筒が上下2段に分かれたもので、チンパンジーたちが

    側面の小さな穴から棒を入れて、中の食べ物を取り出す装置です。
4)チンパンジーは社会性豊かな生き物です。ケンカしたり、仲直りしたり、あいさつに

  よって相手との関係を確認しあったり、様々な交渉が見られます。野生に近い群で

    の暮らしを実現できるよう、多くの仲間がいます。

個体情報
名前 性別 生年月日 出生地 性格・特徴

chelsy_001.jpg

チェルシー

メス
1987.12.20
アメリカ
おとなしく、落ち着いています。

judy2-2.jpg

ジュディ

メス 1990.1.5 東京 気が強く、プライドが高いです。道具を使うのが上手です。

maya2-2.jpg

マヤ

メス 1990.1.9 愛知 細身の体型です。神経質でこわがりです。

cherry2.jpg

チェリー

メス 推定1978年 アフリカ 賢く、世渡り上手です。手足が長いです。

koyuki2_001.jpg

コユキ

メス 1993.4.30
熊本 サンゴを慕っています。

sango_001.jpg

サンゴ

メス 推定1976

アフリカ

迫力のある少し太めの体型です。

robin2_001.jpg

ロビン

オス 1995.11.12 熊本 体が大きく、見るからに強そうです。賢く、冷静です。

ダイヤ

オス 2009.4.18 のいち

ロビンとサンゴの間に生まれた双子(ダイヤとサクラ(メス))のチンパンジーです。

※サクラは2017年2月に多摩動物公園へお嫁入りしました。
コドモからワカモノの年齢となりオトナのチンパンジーの行動を真似るような行動が見られるようになってきました。

ミルキー

メス 2013.7.14 のいち チェルシーとロビンの間に生まれました。出産時の低酸素状態の影響を受け脳性麻痺となり生まれたときから体に障害があります。そのため仲間と離れて生活しています。
ヒトの専門家と協力してリハビリを続けています。
※詳しくはミルキーの飼育日記、Facebookミルキー(Milky)をご覧下さい。
ウラ情報

動物公園の人工アリ塚には、アリの代わりにジュースが入っています。飼育係が毎日約2リットルのリンゴジュースを用意しますが、あっという間になめ終わってしまいます。

p1030584.jpg

1日の食事

例:ロビン
リンゴ、バナナ、オレンジ、トマト、ニンジン、ピーマン、インゲン、キャベツ、コマツナ、蒸しイモ、ヨーグルト、落花生、大豆、レーズン、ペレット、牛乳、リンゴジュース


熱帯の森 *飼育動物一覧へ
*エジプトルーセットオオコウモリ
*シロテテナガザル
*フラミンゴ
*ワオキツネザル
*チンパンジー
*ルリコンゴウインコ
*キンカジュー
*メンフクロウ

main_03.jpg