header_info.jpg 高知県立のいち動物公園
icon_blog.png飼育日記一覧
レッサーパンダみたらしの子ども成長日記

*71日齢

*49〜62日齢

*12〜33日齢

*0〜6日齢、出産前


9月3日(49日齢)自我の芽生え
子どもは全体に灰色かがった毛色が額のあたりから茶色くなってきました。
また、これまで体重測定のために巣箱から出す時は、状況が理解できず無防備な感じでしたが、最近は「フガッフガッ」と怒ったり、明らかに不服そうな様子でこちらをジッと見たりしています



9月15日(61日齢)吸い取られるみたらし
出産後は、子どもはもちろん、みたらしの体重変化にも注意を払っています。最近すさまじい食欲のみたらしですが、餌の量を増やしても増やしても、なかなか身になりません。
餌の量はついに出産前の倍になりました。まだみたらしのおっぱいだけが頼りの子ども。みたらしの食べた量がそのまま子どもの成長に繋がっているようです。

9月16日(62日齢)
この日は国際レッサーパンダデーですが、あいにくの雨です。今朝の子どもの様子をイベントで紹介しようと思いカメラを持って獣舎に入ったところ、巣箱の入り口から見えるところまで子どもが出ていました。なんとも空気を読んでくれる子どもです。おかげで参加者の方によい最新情報をお届けすることができました。写真を撮っているとみたらしも出てきて、こちらが写真を撮るのを止めるまで2頭でジッとこちらの様子を見ていました。
初めて巣箱の外に自分から興味を示した日でした。

mitarasi03.jpg


持ち上げると怒るし、外の世界にも興味を持ちだした子どもですが、警戒心は心配になるほど低いです。子どもの様子を確認するためにみたらしを別室に移してから巣箱の中を覗くと、一度は起き、担当者と目が合うのですが、見られている最中に「ま、いいか」と再び寝始めてしまいます。担当者一同「それでいいのか!」とツッコミたくなるおおらかさ(?)です。




*71日齢

*49〜62日齢

*12〜33日齢

*0〜6日齢、出産前

main_03.jpg
icon_blog.png飼育日記一覧