*
コアリクイの赤ちゃん・その後

 

 先月お知らせした昨年12月生まれのミナミコアリクイの赤ちゃんは、すくすくと成長しすっかりコアリクイらしくなりました。性別はメスと判明し、「クイ」と名付けました。 授乳がよく確認できるようになり、当初は1日に5回与えていたミルクも現在は2回になり、お母さんの「リン」が多少動いてもしぶとく乳首に吸いついてお乳を飲むなどたくましくなりました。
 最近では、木登りをしたりお母さんの餌を舐めてみたりと今まで見られなかった行動を次々とするようになり、成長を感じます。体重は生まれたときの約3倍になりました。
 毎日ではありませんが、展示場に出る練習も始めています。


  

1月20日(34日齢) 体重1kg越え記念!(生まれた時は約400gでした)

 

2月1日(46日齢) 少しずつ木登り記録を更新しています。

 


2月4日(49日齢) もうすっかりコアリクイです。