*
ベネットアカクビワラビー「リリー」がすくすく成長中♪

 

 

               昨年11月2日に顔を出したベネットアカクビワラビー「ラン」の赤ちゃんが元気にすくすく

                  育っています。12月後半には育児嚢(お腹の袋)から外に出るようになり、最近では、外出

                  することが多くなりました。


                     体の毛が雪のように白く、きれいな赤い目をした子どもの名前は「リリー」。英語でユリの花を

                  意味します。白い体はユリのようで、ユリの花のように強くたくましく生きて欲しいという願いを

                  込めています。性別はまだわかりません。

                     実は「リリー」は珍しい「アルビノ」ワラビーです。「アルビノ」とは遺伝子の異常により

                  メラニン(色素)を作る事ができない、生まれつき真っ白な個体のことを言います。メラニンが欠乏

                  しているため、体の色は白く、目の色は血管が透けて赤くみえます。

 

                     のいちではアルビノ個体が産まれたのは初めてです。母親の「ラン」は昨春にオランダから

                  やってきた個体で、すでに妊娠していたようです。のいちで産まれたのも何かの縁。これからも

                  皆さんに愛される存在になってほしいと思います。


                     現在は「ラン」のおかげで順調に育っています。「ラン」と共に「リリー」の成長を見守り、

                  できることはサポートしていきたいと思います。皆さんも温かく見守ってくださいね。
                      みなさん、ぜひ「リリー」に会いに来てください♪

 

 

 

                        

                                              顔を出して間もない頃。毛は生えていません。  

 

 

 

 

 

 

 

               

                               こんなに大きくなりました♪