*
高屋 勉 ニホンカワウソ資料展

 

   どうぶつ科学館2階で、高屋勉氏がのこされたニホンカワウソの調査研究資料を展示しています。

主に昭和40〜50年代の高知県西部地域を舞台としたもので、調査野帳をはじめ、調査地図、写真記録、糞標本など、当時のニホンカワウソの生息状況や生態をうかがい知ることができる大変貴重な資料群です。