アフリカ・オーストラリアゾーン

ロウバシガンCape Barren Goose

ロウバシガン
特徴・概要

オーストラリア南部と周辺の島々に分布する大型のガンカモの仲間です。基部に黄緑色のロウ膜をもつ黒色の嘴が特徴で名前の由来ともなっています。水辺を好まず、主に草地に生息する。このため足は歩きやすいよう発達し、水かきが小さいなど生態的にも形態的にも特異な存在として知られています。

ワシントン条約による分類 規制対象外
英名 Cape Barren Goose
学名 Cereopsis novaehollandiae
分類 カモ目 カモ科
 

動物のプロフィール

キャンベラ

キャンベラ

性別 オス

はっきりした歳は分かりませんが、かなりのおじいちゃんです。

ウラ情報

油断大敵です!
この鳥は大変気性の荒い面をもっています。飼育係が同じエリアに入ると遠くからでも走ってきて嘴で噛みついた後、翼でバシバシとたたき、激しく攻撃してくることがあります。

動物のサポーターになりませんか?

動物サポーターとは、お好きな動物の餌代を支援していただき、里親として動物たちに愛着を持っていただこうとするものです。
サポーターになっていただくと、素敵な特典もございます。