ジャングルミュージアム

マレーグマMalayan Sun Bear

マレーグマ
特徴・概要

東南アジアの熱帯雨林に生息し、クマ科の中では最も体の小さな種類で、ブルドッグのようなしわが額にあります。前足の鋭く曲がった長い爪を使って得意の木登りをしたり、シロアリの巣を壊して出てきたアリを、とても長い舌で器用になめとります。

ワシントン条約による分類 付属書Ⅰ
英名 Malayan Sun Bear
学名 Helarctos malayanus
分類 食肉目 クマ科
体長 約120cm
体重 80kg
生息地 中国南部、マレー半島、タイ、ミャンマー、スマトラ、ボルネオ
 

動物のプロフィール

ワンピイ

ワンピイ

性別 オス
生年月日 1994年

顔や胸の部分がオレンジ色っぽい。タオチイにとても優しく、嫌がることはしません。
ジュースタイムの時に立ち上がり手も構えるので、毛の生えていない手のひらがよく見えます。

タオチイ

タオチイ

性別 メス
生年月日 1994年

優しい顔で白っぽく、鼻のピンク色が目立ちます。今までに6頭の子どもを育て、子どもたちは日本各地の動物園で活躍しています。
※令和3年10月16日に永眠いたしました。

飼育係から一言

「ワンピイ」「タオチイ」は2021年で27歳になります。2頭の相性はうらやましいほど仲が良い夫婦です。2頭並んで寝ているところを見ていると、夫婦円満の大切さを感じます。ぜひ見に来てくださいね。

飼育員

動物のサポーターになりませんか?

動物サポーターとは、お好きな動物の餌代を支援していただき、里親として動物たちに愛着を持っていただこうとするものです。
サポーターになっていただくと、素敵な特典もございます。