動物病院だより

春ですね。
野草や新芽のおいしい季節がやってきました!


入院室のケアホームわお!のメンバー(アンナ♀、コナツ♀、ジョン♂)も新芽や野草が大好きです。ワオキツネザルの飼育係がみんなの好きそうな枝葉や野草を日替わりで持ってきてくれて、みんな争奪戦であっという間に食べています。目の見えないジョンも匂いで察知しておばあさんたちに負けず食べています。


  コナツは色んな新芽が好き

3頭ともアラカシやコナラの新芽、ノゲシやヨモギ、クローバーなどの野草がお好きです。
先日、桜の新芽と可愛いお花をコナツが貪るように食べていました・・・。花より団子。。


  アンナはクローバーとシラカシが好き


  ジョンはヨモギやノゲシが好き

以前紹介した人工保育のベネットアカクビワラビーの子は、「ゆきの」という名前になりました。動物病院での生活も約1か月半になり、順調に大きくなって最近では保育器の天井に耳が付くようになり、やや手狭な様子です。


  1ヶ月位前のゆきの(小さいなあ)



ゆきのもかなりの枝好きで、ヤマモモやシラカシの新芽や枝などをよく齧っています。
袋から上半身だけ出して枝や乾草、リンゴなどを食べる様子はとてもズボラな感じですが、どんな姿も可愛いです。
毎日大勢の世話人(飼育係)に蝶よ花よとお世話され、お嬢まっしぐらです。


野草や木には食べても大丈夫なものと、毒性のあるものもあります。私も飼育係に教えてもらいやっと数種類見分けられるようになりました。今の時期しか食べられないおいしい野草を探しておやつであげようと思います。


  ゆきのは最近、エミューの展示場にて運動や日光浴ができるようになりました!