動物病院だより

半年前より背中の外傷でリス舎裏の隔離スペースで過ごしていた37D8番ちゃん。
傷は治ったけれどその後なぜか背中の脱毛が進み、だんだん痩せてきて、腰に小さなシコリも出来てきました。(写真:黄色枠の部分)


背中の脱毛の原因追及と、シコリの正体を調べるために麻酔をかけました。
よく観察するとシコリは2つあり、摘出すると結構大手術になってしまいましたが無事に縫合して入院生活となりました。



徐々に傷も治り、毛も生えてきて、そろそろ抜糸しようかと思っていたところ、ちょうどいいタイミングで37D8番ちゃん自身が徐々に歯で抜糸してくれました・・。
病理検査に出したところ、なんと、シコリの正体は扁平上皮癌という悪性腫瘍でした。
とりあえず、入院中に再発は見られず、よく食べ体重も増えてきたため、5月中旬に展示場に戻しました。


先日、偶然見かけたときは背中の傷の悪化もなく、元気そうに餌を探していました。
よかったよかった。