動物病院だより

先日、9/10にリュウは18歳になりました!
日本で2番目に高齢で、最高齢の個体は横浜ズーラシアにいる1つ年上のアニル(雌)です。
ウンピョウの飼育下での平均寿命は14歳くらいとされており、リュウはかなりの高齢と言えます。


  1年前の寝室でのリュウ

リュウは、数年前から腎不全という病気と闘っていて、朝夕2回腎臓保護剤や吐き気止めなど数種類の薬を飲んでいます。食べ物と一緒になるべく水分を取れるように餌などにも気を付けています。

最近、徐々に痩せてきていて、筋力も低下し展示場でも少しふらつくことがあります。1年前から、いつものお昼寝場所だった高い木の上にはもう登れていません。
今はまだ食欲もあって、展示場に出て日中過ごしていますが、体調や天候(気温)によっては、この先、さらに体力や代謝が下がると展示場に出られない日や、早めに収容する日が出てくることもあるかもしれません。


  夕方、寝室に帰る扉が開くのを待っているリュウ(9/9撮影)

リュウができるだけ元気に過ごしていけるようにスタッフみんなで一生懸命支えていこうと思います。
もしかしたら会えない時間があるかもしれませんが、暖かく応援していただければと思います。


  窓辺で佇むリュウ(イケメン♪)